/

印携帯リライアンス・ジオ、契約数3億件に迫る 10~12月、売上高1.5倍と好調続く

【ムンバイ=早川麗】インド大手財閥リライアンス・インダストリーズ(RIL)の通信事業が好調を維持している。「リライアンス・ジオ」のブランド名で展開する携帯電話の契約件数は2018年12月末で2億8000万件を超え、3億に迫る。ジオ事業の18年10~12月期の売上高は前年同期の1.5倍に増え、高成長を保っている。

17日夜に発表した18年10~12月期のジオ事業の業績は純利益が83億ルピー(約130億円)と65%増え、売上高は1038億ルピーだった。10~12月の契約の純増数は2790万件。直近の4四半期の平均純増数(2840万件)と大きく変わらず、勢いを失っていない。

RILは16年に携帯電話事業に参入した後発組。思い切った低料金で契約者を急増させ、注目を浴びた。10~12月の1人当たりの月間平均収入(ARPU)は130ルピーと直前の7~9月期に比べて1%減ったが、契約数の増加により売上高と利益をともに伸ばした。

同日発表したRILの18年10~12月期連結決算は、純利益が1025億ルピーと前年同期比9%増えた。主力の石油化学事業が好調で、小売業や携帯事業など消費者向けもけん引した。四半期ベースで過去最高を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン