2019年7月19日(金)

新潟県内2信組が合併 新栄とさくらの街

2019/1/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

新栄信用組合(新潟市)とさくらの街信用組合(新潟県阿賀野市)は18日、12月をめどに合併することで基本合意したと発表した。合併後の預金量は単純合算で1000億円規模となり、新潟県内の信組で3番目の規模となる。地域で進行する人口減少などを受けて資金需要が伸び悩む中、規模拡大で生き残りを目指す。

新栄信組の預金量は2018年3月末時点で県内5位で、さくらの街信組は6位。合併後に存続するのは新栄信組で、名称や役員の構成は未定だ。本店と本部は新潟市江南区にある新栄信組に置く。

両信組は営業エリアが隣接しており、新潟市の新津や豊栄地域、聖籠町などでは一部で重複している。昨年夏には業務提携を結んでいた。

関東財務局は同日、両信組の合併基本合意について「円滑な資金供給と利用者の利便向上を図ることで、さらなる地域経済の発展に貢献することを期待したい」などとするコメントを発表した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。