/

東邦金属に課徴金勧告、架空取引で監視委

証券取引等監視委員会は18日、架空取引で売り上げを過大に計上するなどの法令違反があったとして、東証2部上場の東邦金属に1200万円の課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告した。仕入れた炭化ケイ素を販売したように見せかけて、合計5億3000万円の架空の売り上げを計上。架空取引に伴う債権に対して必要な貸倒引当金も計上していなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン