2019年6月26日(水)

競合企業、基礎研究で連携 背景に危機感も

2019/1/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

競合関係にある企業同士が基礎研究で手を結ぶ試みが進み始めた。国際競争が激しくなる中、自前ではまかないきれない分野では協調し、開発の速度を上げる狙いだ。大学や研究機関の知見も取り込み、新たな産学連携の形として広がる可能性がある。

慶応義塾大学、京都大学、早稲田大学を中心とする産学のグループが、自動車エンジンの熱効率を50%に引き上げる技術を開発した。従来より10ポイント高く、燃費は2~3割改善する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報