/

この記事は会員限定です

期日前が変える選挙の形

[有料会員限定]

近年、選挙のたびに新聞やテレビでこんな見出しをよく目にする。

「期日前が過去最多 前回選の○割増」

だが、その伸び具合を実感している有権者はさほど多くはあるまい。

2017年の衆院選で、投票総数に占めた期日前の比率は全国平均だと38%だったが、いちばん多かった秋田県では52%もあった。投票日に投じられた票よりも、事前に投じられた票の方が多かったのだ。都道府県単位での半数超えはこれが初めてだった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン