2019年6月18日(火)

6/18 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 市場が期待するパウエル議長の「満額回答」(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: ニコン、「工作機械で成長」の勝算[有料会員限定]
  3. 3位: 日立、攻めの投資 資本効率を重視
  4. 4位: 強まる利回り株志向 次の「武田」「日産」探し[有料会員限定]
  5. 5位: 親子上場を問う 日本238社、英米は消滅(ルポ迫真)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

ソフトバンクG、揺らぐ個人との「蜜月」
証券部 井川遼

2019/1/18 15:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)の国内通信子会社ソフトバンク(SB)が株式を上場して19日で1カ月。世間の注目を集めた過去最大の上場案件だが、上場後の株価はさえない。約2兆円の株式を購入した延べ約90万人の個人投資家は含み損を抱える。SBGは成長資金を個人マネーに頼ってきたが、SB上場のつまずきで個人との「蜜月」が揺らぎ始めた。

SBは昨年12月19日に東京証券取引所に上場した。親会社のSBGは、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム