/

この記事は会員限定です

安田講堂事件50年 参加者70代に、大学紛争見つめ直す

[有料会員限定]

大学紛争の象徴となった東京大・安田講堂の学生占拠事件は18日、機動隊突入から50年の節目を迎えた。当時全共闘の一員などとして加わった人々はほとんどが70代以上となり、それぞれに仕事や活動の場を持つ。中には安田講堂を人生の「原点」と振り返る人も。一方で運動が暴力の形を取り、多くの犠牲を生んだことには厳しい視線も注がれ続けている。

「あの日の敗北がここにつながっている。自分にできることをしたい」。当時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン