救急車の接近を周知 ゼロ・サムが新交通システム

2019/1/18 10:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT企業のゼロ・サム(京都市)はトヨタ自動車子会社と組んで救急車を優先通行させる道路交通システムを開発した。渋滞情報を表示する「交通情報板」を活用。救急車が近づくと情報板で運転手に知らせ、ほかの車両に道を空けるように促す。まずインドで実証実験を始め、国内外のインフラ整備の需要を取り込む。

インド西部のグジャラート州アーメダバード市の幹線道路約3キロメートルで2018年12月から約2年間の実証実験…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]