2019年2月22日(金)

日立社長「民間企業の負担、限界」 英原発事業を凍結

エレクトロニクス
環境エネ・素材
ヨーロッパ
2019/1/17 20:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所の東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)は17日、英国での原子力発電所建設事業凍結発表に伴う記者会見で「コストを民間企業の日立が全て負担することには限界がある」と語った。原発は建設費用が高騰する一方、再生可能エネルギーの普及などで電力の市場価格は低下している。立地国などの公的支援が事業化を左右するとの認識を示した。

日立は12年に英国の原発会社ホライズン・ニュークリア・パワーを買収し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報