/

この記事は会員限定です

伊予鉄道、「坊っちゃん列車」快走

公共交通のゆくえ 路面電車復権

[有料会員限定]

蒸気機関車(SL)を模した懐かしい外観で汽笛を響かせ走り、歩道の観光客が手を振ると、レトロな制服の乗務員が笑顔で応じる。伊予鉄道(松山市)の市内線を走る「坊っちゃん列車」だ。

開業した1888年(明治21年)から67年運行したSLをモデルとする。松山中学校に赴任した夏目漱石が、小説「坊っちゃん」で「マッチ箱のような汽車」と表現したことから呼称が定着。往時は18両が市民の足として活躍したが、電化によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン