秋田の食材、パリで売り込め ヤマト・日航・秋田銀連携

2019/1/17 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒や味噌など秋田県産の食材を日本通の多いフランス・パリで売り込む試みが18日始まる。ヤマトホールディングス(HD)と日本航空(JAL)、秋田銀行の3社が連携し、パリ中心部のオペラ地区に開設したアンテナショップで「秋田県フェア」を31日まで開く。2019年度以降は秋田県も予算を付け、県産食材の輸出を促す考えだ。

ヤマトグループと日航が日本の農水産品をフランスで売るために流通体制を構築。ヤマトが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]