/

この記事は会員限定です

医療用点眼薬でアジア進出 富山の日東メディック

[有料会員限定]

医薬品製造・販売の日東メディック(富山市)は2020年にも、主力の医療用の点眼薬の輸出を始める。シンガポールやマレーシアといったアジアの6カ国・地域が対象。医薬品メーカーなど現地企業を販売代理店にして、目の病気の治療に使う製品を中心に医療機関に売り込む。現在は1%の海外売上高比率を25年5月期に10%にまで高める計画だ。

想定する輸出先にはベトナムやミャンマー、タイ、台湾を含む。ベトナムの製薬会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン