2019年4月21日(日)

老朽団地、リノベで活気 「IoTづくし」など若者に的
ハッシュタグ

2019/1/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

首都圏で再生に取り組む団地が増えている。経済発展や人口増を背景に1960~70年代に建設された団地を中心に老朽化が進み、入居率の低下に苦しんでいる。IT(情報技術)を使った最新設備の導入や付帯施設を含めた大規模リノベーションなどの取り組みで、若者や子育て世帯が再び住み始めている。

ロゼッタは柏町団地の一室を改装した(東京都立川市)

ロゼッタは柏町団地の一室を改装した(東京都立川市)

東京都立川市にある立川柏町団地。築40年以上の団地の1室を、住宅リノベーションを手がけるロゼッタはあらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」づくしの部屋に変えた。

エアコンをはじめ家電は遠隔操作が可能。洗濯機は乾燥までできるだけでなく、Tシャツやタオルなどを自動で折り畳む機能が付いたものを備えた。ペットへのエサやりも自動だ。ロゼッタは「新築マンションを購入するより、リノベーション物件に最先端機器を導入した方が安価」と強調する。

柏町団地のように老朽化が進む団地は首都圏を中心に各地で増えている。国土交通省によると全国で2903ある団地のうち、約3割が入居開始から40年以上経過している。

だが、問題は建物だけではない。同省の調査によると、団地がある自治体が問題だと考えていることで最も多かったのが「高齢者が多い」。新たな住民が入居せず、当初入居した住民がそのまま住み続けていることが多いためとみられる。

ちば地域再生リサーチは低コストで若者向きの部屋に改装する(千葉市の幸町団地)

ちば地域再生リサーチは低コストで若者向きの部屋に改装する(千葉市の幸町団地)

都市再生機構(UR)が手がける千葉市の千葉幸町団地では18年4月から、子育て世代が使いやすくするための改装を進めている。エレベーターの新設や玄関の土間部分を広くしてベビーカーをたたまずに置けるようにするなどしている。

同団地ではNPO法人ちば地域再生リサーチ(千葉市)も低コストでのリフォームを手がける。「負担を抑えつつ、若者を呼び込める部屋への衣替えを進める」(同法人)のが狙いだ。

例えば広さ48平方メートルの3Kの部屋を、150万円で全面的に改装した。キッチン回りは新品に交換する一方、天井やふすま、畳などの改修は一部にとどめ費用を抑えた。

ホシノタニ団地は建物の間に農園などを設けた(神奈川県座間市)

ホシノタニ団地は建物の間に農園などを設けた(神奈川県座間市)

古い団地をリノベーションによって再生させ、子育て世代など若年層を呼び込むことに成功した団地が出てきている。小田急線座間駅に隣接する「ホシノタニ団地」(神奈川県座間市)だ。

小田急電鉄が団地型の社宅として65~70年に建てたのが最初の同団地は、2015年に大規模なリノベーションを実施。駐車場だった場所には築山や遊歩道、植栽などを設け、安心して子どもが走り回れるようにした。

さらに、住民が利用できる農園や保育施設も開設。農園には専任のアドバイザーを配置し、農作業の経験がない人でも気軽にミニトマトなどの栽培ができる。賃貸団地とは思えない施設の充実ぶりに、東京都内や横浜市などから引っ越してくる人が増え、現在は入居者の8割近くが30代以下だという。

■家賃補助で、学生に団地居住促す

武里団地に住む学生は住民たちとキャンドルナイトを開催するなど、活性化に一役買っている(埼玉県春日部市)

武里団地に住む学生は住民たちとキャンドルナイトを開催するなど、活性化に一役買っている(埼玉県春日部市)

リノベーション以外でも、若い人が団地に住んでもらうための取り組みが進んでいる。埼玉県春日部市は共栄大学(春日部市)など4大学と協定を結び、市内の武里団地への学生の居住を促している。

入居者に対して、家賃を1人当たり最大で月1万円、通学定期の半額を補助する。学生には団地で開く夏祭りや文化祭などの手伝い、交流イベントの企画・実施などを手がけてもらう。住民とも積極的に交流してもらい、地域の活性化につなげる。

増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる日本創成会議は、少子化や人口流出で将来消滅する可能性がある自治体を「消滅可能性都市」と名付けた。団地も若年層を中心にした新しい住民が入居しなければ同じ運命をたどる可能性がある。そうならないためにも、一刻も早い対策が求められる。

(浦崎唯美子、下村恭輝、山岡亮、亀真奈文)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報