/

この記事は会員限定です

ゲノム編集食品、年内にも食卓へ 厚労省に届け出で

[有料会員限定]

厚生労働省の専門部会は17日、遺伝子を正確に改変する「ゲノム編集」を使った食品について一部を規制の対象外とし、届け出のみで販売を認める報告書案をまとめた。3月に規制方針をまとめ、早ければ年内にもゲノム編集食品が食卓に上る可能性がある。

ゲノム編集は遺伝子を狙った場所で改変できる技術。別の遺伝子を挿入する方法と、切断して遺伝子の働きを壊す方法の2つがある。

報告書案では遺伝子を挿入する方法で開発した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン