パラジウム先物 16年ぶり金上回る 車触媒に不足観測

2019/1/17 18:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車の排ガス触媒に使う貴金属、パラジウムのニューヨーク先物価格が16年ぶりに金を上回った。ガソリン車向けの需要が長期的に伸び、供給不足が続くとの見方が拡大。金融市場から逃避した投機資金が流入し相場を押し上げた。ニューヨーク市場に上場する金や銀、プラチナ(白金)など主要貴金属ではパラジウムが最高値になった。

パラジウムの価格は現物のスポット(随時契約)市場で2018年12月、既に金を上回っていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]