/

この記事は会員限定です

2人の「ナナ」コンマス躍動 外部の活動、オケ豊かに (もっと関西)

カルチャー

[有料会員限定]

大阪のオーケストラに所属するコンサートミストレス(女性コンサートマスター)が、多彩な活躍を見せている。日本センチュリー交響楽団の松浦奈々と、大阪交響楽団の林七奈だ。室内楽や協奏曲のソリストとしても舞台に上がるなど共通点が多い。2人の「ナナ」に迫ってみよう。

日本センチュリー交響楽団 松浦奈々(まつうら・なな) 1984年、和歌山市生まれ。桐朋女子高、桐朋学園大卒業。その後、フリーで活動し、2011年8月から15年3月まで日本センチュリー交響楽団アシスタント・コンサートマスター。15年4月に同楽団のコンマスに就任。34歳。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン