衆安保険、配車大手グラブと提携
スマホで保険販売 まずシンガポールで

2019/1/17 20:00
保存
共有
印刷
その他

【上海=張勇祥】中国のネット専業保険、衆安在線財産保険がシンガポールの配車サービス大手グラブと提携した。合弁会社を設立し、スマートフォン(スマホ)を通じ東南アジアで保険を販売する。衆安保険は配車サービスで東南アジア最大手のグラブ利用者の取り込みを狙う。グラブは自前でサービス展開するモバイル決済と相性の良い金融サービスの品ぞろえを拡充する。

グラブは東南アジアの配車アプリでデファクトスタンダード(事実上の標準)となっている

2019年前半にもシンガポールで保険販売に乗り出す。その後は東南アジア各国への進出を予定する。利用者はグラブのアプリを通じ保険商品を検索、決済サービスの「グラブペイ」で支払う。保険料の分割払いにも対応し、保険に加入しやすくする。

グラブは衆安保険のほかスイスの保険大手チャブとも連携し、運転手が病気やケガで就業できない場合の収入を補償する保険を売り出す。グラブはチャブ、衆安の両社と組むことで、品ぞろえを拡充すると同時に競争原理を持ち込みたい考え。グラブのミン・マー社長は「東南アジアにおけるアプリのダウンロード数は1億3千万を超す」と述べ、保険市場の潜在力を強調した。

衆安保険はアリババ集団や騰訊控股(テンセント)など中国のネット大手が出資して設立した。ネット通販で購入した商品の返送料や、飛行機遅延時の旅行代を補償するなど、ニッチ商品の開発、販売で成長を遂げた。17年には香港市場に上場した。

だが、主な販売網をアリババやオンライン宿泊予約サイトの携程旅行網(シートリップ)などに依存。手数料率の高さが響き、最終損益は赤字が続く。より高い利益率を見込める海外業務を拡大し、収益改善の足がかりにする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]