/

この記事は会員限定です

勇退の東京・中央区長「礎築けた」 多選に批判も

[有料会員限定]

9選不出馬を表明した東京都中央区の矢田美英区長(78)は17日、コメントで「世界一の都市を目指す東京のけん引役としての礎を築けた」と、32年間の区政を振り返った。8期目と現在、全国市区長の中では最多選となる矢田氏は、変わりゆく東京都心の街づくりに尽力してきた。平成を駆け抜けた23区の「名物区長」が、自治の現場を去る。

「人口回復の実現に心血を注いできた」と語るように、矢田氏は人口増に力を入れてきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン