/

この記事は会員限定です

司法インフラ、海外に見劣り 国際仲裁いつもアウェー

法争力を問う

[有料会員限定]

日本の企業法務を支える司法インフラにほころびが目立つ。企業間のトラブルを解決する仲裁は日本を素通りし、民事裁判のIT(情報技術)化も遅れている。担い手の法律事務所も国際化で欧米勢に水をあけられたまま。産業の足腰を左右する、日本の法曹界の国際競争力「法争力」を点検する。

「陳述書の記載事項の根拠を明確に」「過去のメールのやりとりに誤りはないか」。東京証券取引所1部上場のある企業は、今春の米国企業との...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン