/

日本電産、19年3月期一転減益 貿易戦争で需要減

日本電産は17日、2019年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比14%減の1120億円になる見通しだと発表した。従来予想(12%増の1470億円)から一転して減益となる。中国の顧客の設備投資が鈍り、主力のモーター販売などが想定より減る。構造改革費用の計上も利益を押し下げる。米中貿易戦争による需要減速が主要企業の業績を直撃した形で、18年4~12月期の決算発表シーズンを目前に控えるなか、株式市場には警戒感が強まりそうだ。

日本電産の減収は10年3月期以来9年ぶり、最終減益は13年3月期以来6年ぶり。売上高見通しは3%減の1兆4500億円と、従来予想を1500億円引き下げた。貿易戦争に伴って顧客の需要が減っているうえ、大規模な在庫調整も進んでいる。想定為替レートは1ドル=100円を見込む従来予想を据え置いた。

日本電産は21年3月期に売上高2兆円、営業利益率15%以上を目指している。市場環境が急激に変化するなか、目標達成に向けて、工場の統廃合による設備の減損、旧式在庫の早期廃却などに踏み切る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン