/

この記事は会員限定です

米中摩擦は「透明性示す好機」レノボ・ジャパン社長

[有料会員限定]

世界最大の家電・技術見本市CESでは中国企業の出展が減るなど、米中ハイテク摩擦の影響も垣間見えた。常連の中国パソコン大手レノボ・グループも過去に米国などでセキュリティー問題を取り沙汰された。製品の安全性や経営の透明性をどう確保するか。レノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長に聞いた。

――中国メーカー排除の動きを、どのようにみていますか。

「世界的にセキュリティーへの懸念が高まる現状は、ある意味で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン