2019年6月20日(木)

ピッチの風

フォローする

中東の笛って? アジアカップに見る審判のレベル
編集委員 武智幸徳

(1/2ページ)
2019/1/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーのアジアカップはベスト16の顔ぶれが出そろった。今回は日本でテレビ観戦を決め込んでいるが、放送の間にちょっと気になるのが「中東の笛」というフレーズである。そんなもの、本当にあるのだろうか。

日本だけが被害者ではない

サッカーの試合に妙な判定はつきものだが、それがある特定のチームが負けるように意図的に吹かれたものなのか、それともサッカーというゲームの構造上(1人の主審と2人の副審の肉眼によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
FC東京の攻撃をカラフルにする久保建はチームの中で大きな存在になっている=共同共同

 サッカーの明治安田生命J1リーグは日本代表の活動期間に入り、つかの間の休戦を迎える。6月5日に日本代表はトリニダード・トバゴ(豊田)、9日にエルサルバドル(宮城)と対戦。14日の第15節からJ1は再 …続き (6/6)

「ブラジル伝統の色を取り戻す」ため、母国で選手育成事業に乗り出すエジミウソン氏

 「サッカー王国」のブラジルが最後に優勝したワールドカップ(W杯)といえば、日本と韓国が共催した2002年大会まで遡る。その時の優勝メンバーだったエジミウソン氏(42)が日本のスカイライトコンサルティ …続き (4/11)

2列目のポジションに香川が戻ってくるのも楽しみ=共同共同

 サッカーの日本代表は3月の国際親善試合、キリンチャレンジカップでコロンビア(22日・日産スタジアム)、ボリビア(26日・ノエビアスタジアム神戸)と対戦する。そのメンバー発表が14日に行われた。1月の …続き (3/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]