2019年2月20日(水)

「石油1億バレル時代」の先に待つ不安  編集委員 松尾博文

ニュースこう読む
コラム(ビジネス)
環境エネ・素材
中東・アフリカ
2019/1/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の石油消費が日量1億バレルを超えたようだ。20世紀初頭の原油生産量は100万バレル程度。1世紀かけて100倍の大台に到達した。しかし、この記録も長くは続かないかもしれない。21世紀の加速するエネルギー転換の下で、石油消費の頂点もまた、近づいているからだ。

石油は20世紀の発展を支え、入手をめぐり世界は対立を繰り返した。石油はいつか枯渇する――。需要が減少に転じれば私たちが過去100年の間おび…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報