/

GVA TECH、法人登記書類を自動作成

人工知能(AI)による契約書の分析サービスを提供するGVA TECH(東京・渋谷、山本俊最高経営責任者)は法人登記書類の自動作成サービスを始めた。主に中小企業やスタートアップ企業、個人事業主向け。業容の急拡大による頻繁な本店住所の変更による登記手続きや司法書士など専門家に依頼せずに自力で登録したいといった需要に応える。2019年内に1000社の利用を見込む。

新たに始めた「AI-CON 登記」(アイコン登記)は登記情報と株主名簿の書類をオンライン上に登録すると情報が自動入力され、不足情報を追加入力すると法人登記の必要書類を自動作成する。書類作成だけでなく、株主総会や議事録の作成など会社法に基づいた手続きに必要なスケジュールも提案する。通常数日かかる書類作成が最大数時間で可能という。

価格は1件あたり5000円から。GVAの提携先司法書士法人にメールやチャットなどで無料相談もできる。

GVAによると商業・法人登記数は年間120万件以上でこのうち半数が司法書士を通さずに自力で登録しているという。特にスタートアップは急速な業容拡大により本店住所の変更や役員の変更などを頻繁に行うため、法人登記の手続きが負担となっていた。GVAは今後、商号変更や株式に関連する登記支援サービスなども提供予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン