飲酒の乗組員53隻で確認 海保が事故調査で

2019/1/17 10:05
保存
共有
印刷
その他

海上保安庁は17日までに、2017年までの5年間で船舶事故を起こした1万592隻のうち、53隻の乗組員から飲酒したことが確認されたと明らかにした。海保は、船舶の事故が発生した際の調査で、聞き取りや機器を使った検査を実施し、乗組員の飲酒の有無を確認しているという。

船舶乗組員の飲酒を巡っては昨年12月、米領グアムで商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が衝突事故を起こし、日本人男性船長からアルコールが検出された。飲酒の疑いがあり、運輸安全委員会が調査を開始。横浜海上保安部も、船体の損傷状況を確認し、関係者から事情を聴くなど詳しく調べている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]