北海道で暴風雪の恐れ 18日明け方まで警戒を

2019/1/17 9:12
保存
共有
印刷
その他

気象庁は17日、北海道の日本海側で18日明け方まで猛吹雪になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。吹雪で全く見通しが利かず運転が困難になる恐れがあるほか、吹きだまりによる交通障害、暴風にも注意が必要だ。

気象庁によると、北海道付近で18日にかけて冬型の気圧配置が強まり、上空1500メートル付近には氷点下21度以下の強い寒気が流れ込む見込み。特に日本海側では17日夕方をピークに猛吹雪になる恐れがあるという。

日本海側で18日午前6時までの24時間に予想される降雪量は50センチ。日本海側と太平洋側西部で18日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は陸上で20メートル(35メートル)、海上で20メートル(30メートル)。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]