/

携帯料金値下げ8割が希望 消費者庁、意識調査

消費者庁は16日、携帯電話料金を巡る意識調査の結果を発表し、利用者の8割が値下げを希望しているとした。適正と思う月々の料金については、大手携帯会社のスマートフォンを使っている人で2千~4千円とする回答が最も多かった。

調査は3~7日に2千人を対象に実施し、1319人から回答を得た。

結果によると、値下げを希望しているのは、大手3社のスマホ利用者(回答者650人)で86.0%。大手以外のスマホ利用者(同321人)で76.6%、スマホ以外の携帯電話利用者(同317人)で81.4%。全体では82.0%に上った。

月々の平均的な支払額は、大手スマホで6千~8千円が32.8%で最も多かった。大手以外のスマホは2千~4千円が50.8%だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン