2019年5月24日(金)

文字起こし専用マイク開発 アドバンスト・メディア

2019/1/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

音声認識ソフトを手がけるアドバンスト・メディアは、会話内容を文字化する目的に特化した小型のスタンドマイクを開発した。マイクが特定の方向の音のみを集めるため、発言者の声以外が入りにくく、音声認識による文字起こしがしやすいという。会議の議事録作成などで需要を見込み、自社の音声認識エンジンと合わせて売り込む。

会話の内容を自動で文字にするニーズは高まっている

スタンドマイクと、マイクの音声を2チャンネルでパソコンやタブレットに出力する端末を3月末から順次売り出す。端末を使うと2つのチャンネルで出力できるため、2人の発言者の音声を別々に文字に起こすことができる。価格はマイクが1万円前後、端末が4万円前後を想定する。

医療現場で電子カルテを作成する際など、会話を自動で文字に起こすニーズは高まっている。同社は音声認識エンジンを企業向けに販売するが、音声認識に適したマイクを持たない顧客が多かったため開発したという。マイクと音声認識エンジンをセットで顧客に提案し、導入の増加につなげる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報