静岡空港拠点にヘリ遊覧飛行、シークエンス航空が参入

2019/1/17 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シークエンス航空(静岡市)は4月から静岡空港を拠点にヘリコプターによる遊覧飛行事業を始める。空港や静岡県内の観光スポットの周辺での飛行を予定する。同社は静岡市内のシステム会社の経営者が立ち上げ、成長が見込めるとして航空機の運航事業に本格参入する。航空機の格納など関連事業も手掛け、収益の拡大を狙う。

遊覧飛行は米ロビンソン・ヘリコプターの「R44」を使う。パイロットのほか最大3人まで乗ることができ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]