2019年5月22日(水)

彩の国いきがい大学、55歳以上対象コース新設

大学
2019/1/16 22:00
保存
共有
印刷
その他

公益財団法人いきいき埼玉(埼玉県伊奈町)は2019年度、シニアライフを充実させる方法を学習する彩の国いきがい大学に、55歳以上の人を対象とするコースを新たに設ける。従来は60歳以上が対象だったが、在職中から退職後のやりがいを見つけ、すぐに社会活動ができるようにする。

新設するのは2コース。「地域トラベルサポーター養成コース」は、介護経験のある有資格者を募り、障害者や高齢者の観光客を介助しながらガイドできる人を養成する。

「アートではじめる社会貢献コース」は、高齢者施設や学校などで美術の楽しみ方を教える活動について学習する。

4月から埼玉県県民活動総合センター(伊奈町)で土曜日に全27回のコースとして実施する。2コースの募集定員は各25人で、授業料は2万5000円。シニア活躍が注目されており、今後、55歳から準備できるコースを増やしたいという。

19年度の彩の国いきがい大学は2月28日まで学生を募集している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報