2019年4月20日(土)

埼玉県、サッカー西野前監督と西武に「彩の国功労賞」

2019/1/16 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は16日、2018年サッカーワールドカップ(W杯)で日本代表チームをベスト16に導いた県出身の西野朗前監督と、10年ぶりのリーグ優勝を果たしたプロ野球埼玉西武ライオンズに彩の国功労賞を贈った。贈呈式で西野前監督は「県民に多くの応援をいただき、なんとか最低限の成果を上げられた」と語った。

知事公館で贈呈式が開かれた(16日、さいたま市)

同賞はスポーツや文化などの分野で功績を挙げた個人や団体を表彰する制度。県は当初、西野前監督や県ゆかりの代表4選手に18年中の贈呈を計画していたが、選考基準などを巡り県議会との調整に時間がかかり、19年にずれ込んた。選手はアジアカップの期間中のため、後日贈呈する。

ライオンズはチームとして表彰。辻発彦監督は贈呈式で「今年も球団、スタッフ、選手一丸となって2連覇を目指す」と表明した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報