/

この記事は会員限定です

宮城の明康、ホタテ貝殻原料のバイオマスプラ素材開発

[有料会員限定]

プラスチック製造の明康(宮城県塩釜市)はホタテ貝殻を原料にしたバイオマスプラスチックの素材を開発した。新工場を建設し、今春から割り箸やフォーク、スプーンなど食器を生産する。耐熱性や保存性に優れているのが特徴だ。世界で使い捨てプラスチックの規制が強まるなか、有機資源を活用した「ホタテプラ」で小売りや外食企業などから受注をめざす。

ホタテ貝殻の粉末と樹脂のポリプロピレンを混ぜてバイオマスプラスチック素...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン