/

この記事は会員限定です

アステラス、「細胞医療」が導く成長銘柄への道

証券部 阿部真也

[有料会員限定]

アステラス製薬が細胞を直接患者に投与して治療に活用する「細胞医療」の開発強化に乗り出した。最先端分野の創薬ベンチャーを相次いで買収。主力薬の特許切れが間近に迫るなか、新薬の「種まき」を加速している。巨額買収に踏み切った武田薬品工業とは対照的なM&A(合併・買収)戦略で、株式市場では今後の成長株として評価する声が出ている。

「細胞医療で世界のトップランナーを目指していく」。アステラスが2018年12月に開いた研究開発(R&D...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン