/

今年の10連休、システム対応必要 地銀協会長

全国地方銀行協会の柴戸隆成会長は16日の定例会見で、今年のゴールデンウィーク(GW)の10連休について、自身が頭取を務める福岡銀行を例に「システムが対応しきれていないので、今対応に踏み出している状況」と述べた。連休中にATMの現金をどう補充するかや、夜間金庫で顧客の入金を保管しきれるかなど課題は多い。柴戸会長は「地銀協でも課題の1つと認識し、遺漏がないように進めていきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン