/

この記事は会員限定です

ソニーのCES出展はなぜ激変したか

編集委員 奥平和行

[有料会員限定]

1年間の家電や民生技術の動向を占う米見本市「CES」が閉幕した。今回は米インターネット大手による人工知能(AI)を巡るつばぜり合いや次世代通信規格の5Gが焦点となり、日本勢が注目を浴びる機会が多かったとは言い難い。そんななか、記者会見や展示を一変させたのがソニーだ。「激変」の背景を探ると、電機業界の現状も見えてくる。

「テクノロジーで人と人、クリエーターとユーザーを結ぶのが私たちのミッションと考えており...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2173文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン