/

この記事は会員限定です

コスカ、原価管理を自動化 IoTデータを活用

[有料会員限定]

製造業向けサービスを手がけるスタートアップのKOSKA(コスカ、東京・港、曽根健一朗社長)はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を活用し、工場の原価計算や原価管理を自動化するシステムを開発した。2月から一部顧客に提供を始める。これまで人手による作業が多かった中小企業の製造現場を効率化する。

事業開始に備え、ベンチャーキャピタルの500スタートアップスジャパンから3000万円を調達した。調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン