スペシャル

フォローする

明治に天理、帝京…大学ラグビー王座交代のドラマ

(1/3ページ)
2019/1/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの全国大学選手権で10年ぶりに新しい王者が誕生した。帝京大の連覇は9でストップ。天理大との決勝を制した明大が22年ぶりに優勝した。時代の節目となった王座交代を、一つの切り口から見てみたい。

天理大の鋭いスクラムが重い明大FWを押し込んだ

天理大の鋭いスクラムが重い明大FWを押し込んだ

天理大を支えた「ヤリのようなスクラム」

初優勝を目指した天理大の看板はスクラムだった。島根一磨主将はその特長を「ヤリのようなスクラム」と表現する。8人全員が中央のフッカー島根に向かって、ヤリのとがった刃先のように力を集中して相手FWを崩す。平均体重97キロと決して重くはないが、その押しは強力無比だった。

1960年代、ヤリに似た「ヤジリ戦法」というものがあった。同志社大を強豪に育て、「関西ラグビーの父」といわれる故・星名秦さんが考案したスクラムで、やはりフッカーに力を結集する。星名さんが当時指導していた京都大の軽量FWが同大に対抗するための策だった。

弱者が強者を倒す戦術であり、西のラグビー界の伝統技法。それが天理大のスクラムだったといえる。

かつてのヤジリは相手をけん制する意味合いが強かった。マイボールの確保に眼目を置き、組んだ後は素早く球を出す。それから半世紀後のヤリには相手を突き破る鋭さがあった。天理大が決勝で組んだマイボールスクラムは4度。毎回ボールをキープして押し、うち3度は明大の反則を誘発した。

天理大はモダンな技術も持ち合わせていた。主審の声に合わせて組む直前、低く、力の出る強い姿勢になるまでのスピードが相手よりコンマ数秒速かった。「スクラムは(組むまでの)セットアップが全てだと思っている」とは左プロップの加藤滉紫。天理大がこだわってきた「速さ」は、現代のスクラムのキモである。

決勝で一度だけ反則を奪えなかったマイボールスクラムがラストワンプレー、逆転を懸けた場面だった。プッシュを掛ける前にスクラムが崩れた。「押すつもりだったけれど、プレッシャーを受けてボールを出さざるを得なかった」と島根主将は悔やむ。

相手が修正を加えていたからだ。明大の右プロップ祝原涼介が説明する。「最初は左の方向に押そうと思っていた。でも、思った以上に(右の)僕の方へのプレッシャーが強かった」

スクラムの構造上、左プロップは右肩だけで押すが、右プロップは両肩に相手の重みを受ける。自由度の高い左プロップを前に出して崩すのは定石。互いにその形を狙ったが、天理大のヤリの方が鋭かったというわけだ。

穂先を向けられる格好になった祝原が対策を明かす。「ハーフタイムに真っすぐに組む形に変えた。相手の仕掛けを我慢して、カウンターで固まって押そうと」。防御を優先して最初の突きを耐えられれば、自軍の武器である重みを生かせるという判断だった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

実行委員長の杉本氏(左)は記者会見で下鴨神社や平尾さんへの思いを語った。右は坂田・関西ラグビー協会会長(8月7日、京都市)

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まで1カ月あまり。盛り上げに一役買おうと、関西のラグビー関係者が大会最終日の11月2日、世界遺産の下鴨神社(京都市)で決勝のパブリックビュー …続き (8/17)

思いも寄らぬ策を講じる鬼才・ブラウンコーチ

 「私の右腕」。ラグビー日本代表ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフが絶大な信を置く人物がいる。攻撃担当コーチのトニー・ブラウン。「三国志」の劉備と軍師・諸葛亮孔明のように息の合ったコンビである …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]