2019年6月25日(火)

ZOZO、服のセンスを理解するAI 同志社大と共同研究

2019/1/16 14:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)のIT(情報技術)子会社、ZOZOテクノロジーズは2019年1月15日、ZOZOグループのファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」のビッグデータを利用し、ファッションコーディネートのレコメンド(推奨)について同志社大学と共同研究すると発表した。研究期間は同日から20年3月31日まで。

現在は感覚的にしか捉えられていないファッションについて数値化する研究を進める。将来的には、自社サービスの検索性向上、保有データの解析によるトレンドの発見、精度の高いレコメンドエンジンの開発など、サービスへの実用化も検討するという。

ファッションを数値化して科学的に証明するプロジェクトチームのZOZO研究所と同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科の桂井麻里衣助教の研究グループで共同研究を実施する。ZOZO研究所では、自社サービスに蓄積されるビッグデータを活用して、画像認識やコーディネートの自動生成、コーディネートの良しあしを定量化する方法などを研究しているという。桂井助教の研究グループでは、ビッグデータを利用したデータマイニング、ソーシャルネットワーク解析、マルチメディア処理などを研究している。

WEARのコーディネート投稿画像には、ユーザーが「モード」「フェミニン」などファッションスタイルに関する多数のタグを付けている。共同研究では、そのタグとコーディネートの関係を人工知能(AI)が学習する。これにより、ユーザーが投稿したデータに基づいて統計的にスタイルを決め、ユーザーの感覚に近いスタイルを抽出できる。

具体的には「着用時のシルエット」という、これまで考慮されてこなかった部分に焦点を当てるのが特徴。ファッションは、サイズが適正か、大きめか小さめかといった着用時のシルエットで印象が大きく変化する。着用時のシルエットとそれが人に与える印象の関係を研究し、ユーザーの好みをより正確に把握することを目指す。

(日経 xTECH/日経NETWORK 大森敏行)

[日経 xTECH 2019年1月15日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報