/

この記事は会員限定です

「合意なき離脱」英経済に打撃 GDP11%減の試算も

[有料会員限定]

英議会が15日、欧州連合(EU)からの離脱案を否決したことで、英国がEUとの間で条件を決めずに離脱する「合意なき離脱」が現実味を増してきた。企業活動への悪影響は避けられそうにない。英政府は最悪のシナリオとして、国内総生産(GDP)が今後、最大で約11%落ち込むとの試算を発表している。

英政府は2018年11月に経済予測を発表した。「合意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン