2019年2月19日(火)

「合意なき離脱」英経済に打撃 GDP11%減の試算も

ヨーロッパ
2019/1/16 8:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英議会が15日、欧州連合(EU)からの離脱案を否決したことで、英国がEUとの間で条件を決めずに離脱する「合意なき離脱」が現実味を増してきた。企業活動への悪影響は避けられそうにない。英政府は最悪のシナリオとして、国内総生産(GDP)が今後、最大で約11%落ち込むとの試算を発表している。

【関連記事】英議会、EU離脱案を大差で否決 野党が内閣不信任案

英政府は2018年11月に経済予測を発表した。「合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報