2019年9月23日(月)

英アストンマーティンCEO「合意なし離脱は災害」

2019/1/16 7:59
保存
共有
印刷
その他

【デトロイト=中山修志、白石武志】英高級車メーカー、アストンマーティンのアンディ・パーマー最高経営責任者(CEO)は15日、英国の欧州連合(EU)からの離脱に関して「合意無しの離脱は、英企業にとって災害でしかない」と指摘した。米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーの関連イベントで語った。

パーマーCEOは「我々が2年前に考えていたよりも、EU離脱で何が起こるか想定することが難しくなっている」と懸念を表明。「通商や関税の問題を抱えた状況で離脱することは反対だ。欧州大陸とのサプライチェーン(供給網)が寸断され、コストが大幅に上がる」と述べた。

合意無しでの離脱に備えて大陸からの部品在庫を積み増しているとしており、物流が混乱した場合には空輸も検討するという。

英高級車ベントレーのエイドリアン・ホールマークCEOも同じイベントに登壇し、合意なし離脱に備えて英東海岸の港の利用を始めたと明らかにした。欧州からの部品調達にあたり、主要港である英南部ドーバー港の物流が停滞する事態を回避する。

在庫を積み増すため臨時の倉庫を確保したとしており、自動車づくりの原則とされる「ジャスト・イン・タイム」にこだわらない物流の仕組みを整える。仮に合意なしの離脱となった場合、「部品を確保するために毎週1日工場の稼働を止めるケースと、1週間連続で稼働を止めるケースの2つのシナリオを用意している」という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。