/

稀勢の里が引退 横綱在位12場所、初場所3連敗

大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初場所4日目の16日、現役を引退することを決めた。2017年1月の初場所後に19年ぶりの日本出身の新横綱となったが、左上腕などの故障が響き同年5月の夏場所から8場所連続休場。昨年11月の九州場所は初日から4連敗、初場所も初日から3連敗と振るわず、昨年9月の秋場所千秋楽から続く連敗(不戦敗は除く)が8に伸び、横綱のワースト記録(1場所15日制が定着した1949年夏場所以降)を更新していた。

横綱在位12場所は、年6場所制が定着した58年以降では7位の短命となった。今後は年寄「荒磯」を襲名し、後進の指導にあたる予定。

稀勢の里は茨城県牛久市出身。15歳で角界入りしたたたき上げで、02年春場所で初土俵を踏んだ。馬力を生かした突き押しでスピード出世して、貴花田(のちの横綱貴乃花)に次ぐ昭和以降2番目の若さで新十両(17歳9カ月)、新入幕(18歳3カ月)を果たすなど、早くから将来を嘱望された。三役で長らく足踏みしたものの、25歳だった11年九州場所後に大関に昇進した。

15日、土俵入りをする稀勢の里(両国国技館)

大関ではあと一歩で賜杯を逃し続けてきたが、17年初場所で悲願の初優勝、場所後に30歳6カ月で72代横綱に昇進した。ただ、新横綱として臨んだ17年春場所13日目に左上腕や左大胸筋を負傷、それでも強行出場して逆転優勝し、大きな感動を呼んだ。だが、その後は故障が癒えず、年6場所制となった58年以降では横綱ワースト記録となる8場所連続休場と苦しんできた。初日から4連敗した昨年11月の九州場所の後には横綱審議委員会から初の「激励」を決議された。

優勝2回。三賞は殊勲賞5回、敢闘賞3回、技能賞1回。幕内通算714勝は歴代6位。通算成績は初場所3日目時点で800勝495敗97休。

2005年の秋場所で琴欧州(左)とともに敢闘賞を受賞
2010年の九州場所2日目、白鵬(左)の連勝記録を63で止める
2011年11月、大関に昇進。口上を述べた(福岡市東区)
2017年の初場所で初優勝。笑顔でファンに手を振った
2017年1月、横綱に昇進。横綱推挙状授与式で授与された免許状(東京都渋谷区の明治神宮)
田子ノ浦部屋で、出来上がった綱を締める(2017年1月26日、東京都江戸川区)
2017年3月の春場所13日目、日馬富士の寄り倒しで土俵下に転げ落ち、顔をしかめる稀勢の里
優勝決定戦で大関照ノ富士を下し、2場所連続2度目の優勝を決める
表彰式で涙ぐんだ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン