/

この記事は会員限定です

日本海ズワイガニ、3年後半減も 日韓のきしみが影

[有料会員限定]

冬の味覚の王様、ズワイガニの漁をめぐり関係者がいらだちを募らせている。昨年11月に兵庫県沖など日本海で解禁された漁は天候に恵まれつつ滑り出したが、国の研究機関による調査で資源量の急減が懸念されている。好漁場が重なる韓国との関係のきしみも漁獲量に影を落としている。

兵庫県北部の浜坂漁港は国内有数のズワイガニの水揚げ港だ。県によると昨年11~12月の漁獲量は前年同期比24%増の358トン。出足は順調に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン