新潟電子工業、携帯蓄電器など自社製品 脱シャープで

2019/1/16 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電源メーカーの新潟電子工業(新潟市)が自社ブランド製品の販売に乗り出した。このほど、持ち運びできる蓄電器や電力変換装置などを売り出した。同社は電源装置を供給してきたシャープから2016年に独立し、照明用電源などに力を入れてきた。自社名を冠した独自製品を通じ、売り上げ拡大とともに会社の認知度を高める。

16年にMBO(経営陣が参加する買収)で独立し、18年4月に社名をシャープ新潟電子工業から変更し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]