キッコーマン食品野田工場、健康志向型で市場開拓
(創る ちばの戦略拠点)

2019/1/15 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

しょうゆ最大手のキッコーマンは千葉県野田市が創業の地で、今も本社を構える。しょうゆなどの製造・販売を担うキッコーマン食品の野田工場(同市)は国内生産の約6割(年間12万キロリットル)を生産する主力工場だ。近年は高付加価値商品の開発・生産に取り組み、新たな市場開拓を目指している。

キッコーマンは江戸時代からしょうゆ醸造を営む計8家が1917年、野田醤油(しょうゆ)株式会社を設立して発足。野田工場は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]