/

この記事は会員限定です

阪堺電車、廃線危機越え 延伸構想

公共交通のゆくえ 路面電車復権

[有料会員限定]

大阪市と堺市を走る阪堺電車は大阪府で唯一残る路面電車だ。前身は1897年(明治30年)設立の馬車鉄道で、現在は南海電気鉄道の子会社、阪堺電気軌道が運営する。この間、何度となく経営危機に陥った。

1980年(昭和55年)、大阪市の地下鉄の延伸開通に伴い、主力路線が廃止に。残った2路線も自動車へのシフトなどが影響し、徐々に利用客が減っていく。約10年前、特に厳しい堺市内の廃線を検討した。

だが、沿線住民の熱意とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン