日医工の後発薬、血小板減少症に適用 治療範囲を拡大

2019/1/15 19:19
保存
共有
印刷
その他

日医工は販売する後発薬「アルガトロバン注射液」が、血小板が急速に減少して動静脈に血栓ができるヘパリン起因性血小板減少症2型の治療に新たに使えるようになったと発表した。厚生労働省から承認を取得した。治療範囲を広げて拡販につなげる。アルガトロバン注射液は慢性動脈閉塞症の四肢潰瘍改善などに使われている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]