/

この記事は会員限定です

未来の敵 メルカリを見抜けなかった楽天

ネット興亡記(4)

(更新) [有料会員限定]

「それなら俺が最初の店舗になってやるよ」

三木谷浩史から「楽天市場」の構想を聞かされた武田和徳は渡りに船と言わんばかりに、こう提案した。1997年。楽天開業前夜に心強い助っ人が現れた。

トヨタから来た男

2人はハーバード大学ビジネススクールの同期生だ。三木谷は日本興業銀行から、武田はトヨタ自動車からそれぞれ送り込まれていた。互いの部屋を行き来して勉強し、休み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第3部

時代が21世紀に移ろうとしていた頃、インターネットを武器に既存の産業界に挑んだ若き起業家たちが現れた。その先駆けがeコマース(ネット通販)だった。モノの流れを変え、我々の生活スタイルをも変えた流通革命。ネット興亡記の第3部は「eコマースの革命児」たちの物語を9回連載でお届けする。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン