/

この記事は会員限定です

災害現場に専門家集団 医療や介護、土木… 阪神大震災が契機

[有料会員限定]

社会福祉士らでつくるDWAT、土木の専門家によるTEC-FORCE……。近年の災害現場ではプロ集団の活躍が目立つ。先駆けとなったのは、1995年の阪神大震災の教訓から設立された医師や看護師による災害派遣医療チーム(DMAT)。事前に登録したメンバーが、発生直後に現地入りして支援する仕組みが評価され、様々な分野に広がっている。(札内僚)

「高齢者の体を起こすときは手を引っ張らず、腰に手を回して」。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン