中国、シェア自転車バブル終幕
破綻や保証金返還騒動相次ぐ 2強も海外撤退や赤字続き

2019/1/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国でシェア自転車各社の苦境が鮮明になっている。経営破綻や資金不足に陥る企業が相次ぎ、2強の一角「ofo(オッフォ)」は海外市場からの撤退を続ける。市場拡大への期待と、保証金を先行獲得できるうまみから一時70社超が乱立したが、今は消耗戦と保証金の返還請求に苦しむ。急成長した中国発のビジネスは「バブル」の終幕を迎えるのも早かった。

「壊れている自転車が多いからあまり利用していない」。上海市内で働く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]